本当は怖い美容外科の求人

就職活動苦戦中の私が出会った美容外科

美容外科 求人美容整形に携わる美容ドクター専門プロフサイト

就職活動苦戦中の私が出会った美容外科不意をつかれた院長の圧迫面接美容外科は今やエステ感覚とある日のニュースに背筋が凍る想いが…

始まりは今から数年前、二十代前半だった頃の話です。
当時の私は専門学校を卒業したものの、就職活動が上手くいかない日々を過ごしていました。
面接までいっても、不合格の通知を受け取るばかり。
利用していたハローワークのスタッフもそんな私に遠回しに嫌味を言うようになり、それが嫌でたまらなくなった私は求人誌を用いて独自に就職活動をするようになりました。
しかし就職活動の手段を変えても相変わらずな結果に何もかも諦めようとした時、応募した求人から連絡が入ったのです。
それが美容外科の求人でした。
連絡は「面接をしたいので日取りを決めたい。
当日は履歴書と職務経歴書を持参すること。
また面接のほかに筆記試験をする予定なので筆記用具も持ってくること」という内容でした。
私は了承しましたが、内心は「今回も駄目だろうな」と諦観を抱いていました。
とはいえ当日になれば諦観など忘れ、ひたすら緊張する私がいました。